ESGブログ・意見

ThinkESG2020 年間ベスト記事TOP6

2020年は、コロナショックによる株式市場の混乱の中で、環境配慮や社会課題解決に優れた、ガバナンス体制が万全な企業を積極的に応援するESG投資への注目が高まった1年だった。そこで、2021年を生き抜くためにも、ESG投資家が今知っておくべき注目ニュースを6本ピックアップした。

第6位 コロナショックの中、ESG投資ファンドの実績は市場平均を上回った。

ESG投資ファンドはコロナショックによるな暴落の中でどうパフォーマンスを発揮したのか。アリアンツ・グローバル・インベスターズやインベスコの調査で明らかになった。

第5位 地球に優しい銀行の見つけ方

SDGsやESG投資の認知度がさらに高まった2020年。そんな中、本業でない一部の社会貢献活動を強調する「グリーンウオッシング」を行う企業や銀行も増えている。そこで、預金先の銀行選びの際に「地球にやさしい銀行」の選び方をまとめた。

第4位 SDGs x インパクト投資

SDGs達成に貢献する投資方法として注目を集めるインパクト投資。そもそもインパクト投資とは何か?投資商品の種類とは? そんなインパクト投資の基礎をまとめた。

第3位 日本トップ3の運用会社のESG商品を徹底分析!

世界中でESG投資が拡大している中、日本の資産運用会社上位3社はどのようにESGを捉え、どのようなESG投資商品を提供しているのだろうか。

第2位 日本企業11社がウイグル人権問題に関与している疑い、新報告書で判明

今年のESGの「S」(社会)へ関心が高まった中、最も関心の集まったウイグル人強制労働問題。今や企業は利益を上げるだけではなく、社会的責任を果たすことが自明のものとなった。今後、企業のサプライチェーンにおける人権の尊重はより重要な投資判断基準になる。

第1位 10月末投信流入額ランキング:ESGファンドがトップ3を獲得

注目が集まるESGファンドだが、「野村環境リーダーズ戦略ファンド」は、10月末投信流入額ランキングトップ3にランクインした。この、環境問題の解決を牽引する企業を対象にしたテーマ型ファンドについて詳しく解説する。

2021年1月1日から、ThinkESGは変わります。

2021年1月1日から、ThinkESGプレミアムが始動します。ThinkESGプレミアムでは、より皆様のESGリテラシーの向上に繋がる有益なコンテンツを会員限定で発信予定ですので、ぜひこの機会にご検討ください。ThinkESGプレミアム詳細はこちら

ThinkESGメールマガジン

無料メルマガ登録

※2週間おきに最新のThinkESGブログ・ニュースや意見をお届けいたします。

-ESGブログ・意見

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.