ESGブログ・意見

 新型コロナウイルスの社会的影響においてESGのSへの注目度が高まっている一方で、Sのテーマで特に重視されているのはビジネスの人権への配慮。中国の新疆区域でのウイグル族強制労働問題に加え、ミャンマーの国軍が起こしたクーデターの影響で人権侵害が深刻化する地域で経済活動を続ける日本企業の人権問題への対応が問われている。

 ミャンマー・クーデターから3ヶ月。国家の全権を掌握したミャンマー軍によるNLD議員の暗殺、一般市民の殺害など現地の人権団体は、これまでに759人が犠牲になったとしていて、依然として緊迫する状況が続いている。

 クーデターを起こしたミャンマー国軍の資金源を止めるために、欧米投資家や政府がミャンマー軍との関係を打ち切る流れが起きているが、その資金源に、間接的に日本企業10社以上が関与している疑いが見られている。

【ヤンゴン市内都市開発 (通称 Y Complex Project)】

Y Complex Projectとは?

 Y Complex プロジェクトは、ミャンマーの最大都市ヤンゴンの一等地である軍事博物館の跡地に、大規模複合不動産を建設・運営する開発事業。事務所、店舗、ホテル、サービスアパート、駐車場が作られる予定で、2018年8月に着工、2021年の開業予定で建設されている。

軍への資金提供につながっている疑い

 このY Complex プロジェクトは、日系のゼネコンや官民ファンドなどが現地企業と合弁で手がけている。国際的な人権団体は、この施設の建設地が軍事博物館の跡地であり、賃料の支払いが現地企業を通して、軍への資金提供につながっている恐れがあると指摘している。このプロジェクトには、官民ファンドの都市開発事業支援機構(JOIN)、東京建物、フジタが合同で立ち上げた事業会社が80%の出資をしている。残りの20%は、ミャンマー法人のYTTC社が行っているが、賃貸借契約書の内容から、このYTTC社からミャンマー国軍の兵站総局に対し、事業地の土地代が支払われていると考えられる。


(*参考:Justice for Myanmarのプロジェクト出資者の関係図)

 また、総事業費は約3億3,250万米ドル(約377億円)の予定で、うち約8割を日本の公的ファンドや民間が出資するとされている。公的ファンドである 国際協力銀行(JBIC)と 都市開発事業支援機構(JOIN)や民間銀行の三井住友銀行、みずほ銀行が、このプロジェクトに出資している。

 みずほリサーチ&テクノロジーズの酒向浩二主席エコノミストは「ミャンマーに対する国際社会からの厳しい視点に立った企業であること、そして、国軍への資金環流には一切関わっていないということを訴求していくしかないと思う。」とNHKの取材に対して、答えている。

 一方、ミャンマーの活動家グループ「Justice For Myanmar」は、Twitter上で、みずほ銀行のこのコメントに対して「みずほは恥ずかしくないのだろうか?嘘つきのみずほは、軍から土地を借りているY コンプレックスプロジェクトを通じて、残虐行為に加担している。犯罪に資金を提供するのはやめろ! 」と激しい怒りをあらわにしてる。


(Justice For Myanmarのツイート)

 共同通信による調査によると、上記のY Complex開発に関わる企業を含め、少なくとも10社の日本企業がミャンマー軍に関係するビジネスに関与している疑いがあるという。

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2021/5/20

ミャンマー・クーデター: 今、求められる日本企業の人権問題への対応

 新型コロナウイルスの社会的影響においてESGのSへの注目度が高まっている一方で、Sのテーマで特に重視されているのはビジネスの人権への配慮。中国の新疆区域でのウイグル族強制労働問題に加え、ミャンマーの国軍が起こしたクーデターの影響で人権侵害が深刻化する地域で経済活動を続ける日本企業の人権問題への対応が問われている。  ミャンマー・クーデターから3ヶ月。国家の全権を掌握したミャンマー軍によるNLD議員の暗殺、一般市民の殺害など現地の人権団体は、これまでに759人が犠牲になったとしていて、依然として緊迫する状 ...

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2021/5/3

[イベントレポート] ESG School #2 ESGの「E」の重要性

 ThinkESG主催の「ESG SCHOOL #2 ESGの『E』の重要性」 が4月25日にオンラインで開催されました。当日は、環境への配慮はなぜ重要なのか?、サステナビリティへの配慮が優れる企業を探すには、何を重視すべき?など、機関投資家へのアドバイザリー、気候変動修士号や環境NGOの立ち上げ経験を持つ、古野編集長ならではの視点で、ESG投資の「E」に関するインプットを行いました。またライブアンケートやディスカッションを通じた参加者とのインタラクティブな交流など、盛り沢山の内容を十数人の参加者と共有し ...

ESGニュース ESGブログ・意見

2021/4/11

[イベントレポート] ESG SCHOOL #1 ESG投資実践に向けての第一歩

 ThinkESG主催の「ESG SCHOOL #1 ESG投資実践に向けての第一歩」 が3月28日にオンラインで開催されました。当日は、古野編集長の講義による、そもそものESGの意味や、ESG投資が世界で注目されている流れなど、ESG投資に関する基本的なインプットを中心に、ライブアンケートやディスカッションを通じた参加者とのインタラクティブな交流など、盛り沢山の内容を17名の参加者と共有しました。  ThinkESGとして初めてのイベント開催で、いつもThinkESGを応援してくださっている読者のみなさ ...

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2021/3/16

編集長のESG投資日記#4:株価の反落の中、ESG投信の行方は?

(2020年1月27日〜2021年3月9日時点) あっという間に3月に突入し、ワクチン普及の不透明性の影響でマーケットのボラティリティ(株価変動)が激しくなる中、ESG投信のポートフォリオ価値はどのように変動したのでしょうか? よりサスティナブルな社会構築に向けてニーズが高まるESG課題解決に役立つ企業を軸とした中長期投資の観点から、筆者はESGに配慮したファンドへの積立投資を継続しています。昨年に買い入れた投資信託をコツコツと育てながら、定期的に新たなファンドをポートフォリオに加えています。 2月中には ...

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2021/2/8

編集長のESG投資日記3:ESG投信で年率リターン+22%超え

(2020年1月27日〜2021年1月28日時点) 2021年は、よりサステナブルな社会構築に向けてESG課題解決に役立つ企業を見極め、投資の形でそれぞれの企業を応援し続けることを目指しており、筆者の個人的な中長期投資の方針として、以前のブログで取り上げた最新のESGトレンドに注目しつつ、かつチャンスを窺いながら、昨年に買い入れた投資信託をコツコツと育てていきたいと考えています。 さて、2020年に買いつけた7本の投資信託に加えて、1月は4本の投資信託を買付ました。投資先企業の対象地域、業種テーマ、社会的 ...

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2021/2/7

ESGリーダー企業を見極めるために 役員報酬へのESG基準導入から測る

ESG課題の成果が企業の長期的成長を促すという風潮が強まる中で、ESGの実績を役員報酬に反映させる日本企業数が増えている。 役員報酬へのESG基準導入は、各企業のエンゲージメントを見極める一つのポイントにもなる。日本経済新聞社によると、日経500種平均株価の構成企業のうち、2020年3月期の有価証券報告書において役員報酬の評価項目にESG関連を採用するのは1割弱の33社、東証1部で2%の38社だった。 では、ThinkESGの調べで各企業はどのようにESG基準を役員報酬に適用しているのかを見ていきたい。 ...

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2021/3/16

2021年のESG投資予測

新年を迎えてから早11日間。まだまだ新型コロナウイルス感染収束の兆しはない。 そんな中、2021年のESG投資の行方はどうなるか?今回は2021年のESG投資予測を4つにまとめた。 1. 脱炭素の加速 昨年、各国が次々に脱炭素化を目指す声明を発表したのことは記憶に新しい。ヨーロッパと中国に続いて、日本と韓国も国をあげた野心的なネットゼロ目標を立てている。バイデン次期大統領の就任後、アメリカも早速脱炭素化へ向けてアクセルを踏み出すだろう。 世界的な脱炭素化への動きにより価格の低迷が予測される原油とは対照的に ...

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2021/1/1

【編集長のESG投資日記②】2020年ESG投信で+17.7%リターン獲得

2020年は、ESGを重視した投資信託のセレクションでどれくらい安定的かつ平均を上回る実績を残せるか、に挑戦してきました。コロナ禍において、市場は上半期の下落からワクチンの早期実用化への期待で大きく値上がりし、現在は高値に至りました。そして筆者が選択したESG投信の12月27日時点のトータルリターンは、TOPIX*(年率5.8%)とNikkei225※(年率13.5%)を大きく上回ることが出来ています。 前回の投資日記(11月24日時点)ではトータルリターンは12%を超えたことをお伝えしましたが、先月の1 ...

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2021/3/16

コロナ禍で伸びた企業や業種の傾向とは?

コロナウイルスの流行に大きく左右された2020年。あと4日で新年を迎えるが、今年どのような企業が成長したのだろうか。東洋経済、日経のデータを解説。 東洋経済オンラインは約3700社以上の上場企業の直近本決算をベースにネットキャッシュを割り出し、「金持ち企業」として以下のようにランキングにした。 ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の コンテンツです。 4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください。 「ThinkESG プレ ...

ESGブログ・意見

2021/1/13

ThinkESG2020 年間ベスト記事TOP6

2020年は、コロナショックによる株式市場の混乱の中で、環境配慮や社会課題解決に優れた、ガバナンス体制が万全な企業を積極的に応援するESG投資への注目が高まった1年だった。そこで、2021年を生き抜くためにも、ESG投資家が今知っておくべき注目ニュースを6本ピックアップした。 第6位 コロナショックの中、ESG投資ファンドの実績は市場平均を上回った。 ESG投資ファンドはコロナショックによるな暴落の中でどうパフォーマンスを発揮したのか。アリアンツ・グローバル・インベスターズやインベスコの調査で明らかになっ ...

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.