ThinkESGプレミアム会員限定

全体的な世界像とその総額

 グローバル・サステイナブル・インベストメント・アライアンス(GSIA)は、2020年初頭、5つの主要市場において、世界のサステナブル投資額は世界の運用資産総額の約3割に匹敵する35.3兆米ドルに達し、過去2年間(2018年~2020年)で15%、過去4年間(2016年~2020年)で55%の増加したと最新調査報告書で発表した(図1)。

図1 世界のサステナブル投資額の推移(2016-2018-2020年)(10億米ドル)


(出所:GLOBAL SUSTAINABLEINVESTMENT REVIEW 2020)

世界の地域別サステナブル投資資産に占める割合

  図2のように、米国と欧州は、2018年から2020年の間、グローバルなサステナブル投資資産の80%以上を引き続き占めています。カナダ(7%)、日本(8%)、オーストラリア(3%)のグローバルなサステナブル投資資産の割合は、過去2年間で比較的変化していません。

図2 2020年の世界のサステナブル投資資産に占める地域別の割合


(出所:GLOBAL SUSTAINABLE INVESTMENT REVIEW 2020)

過去4年の伸び率

 図3に示すように、過去2年間で最も増加したのはカナダで、持続可能な管理資産は48%以上増加しました。カナダに僅差で続くのが、米国で、2018年から2020年にかけて42%の増加となり、次いで日本が34%となりました。オーストラレーシアでは、持続可能な資産は引き続き増加していますが、2016年から2018年にかけての成長率が46%であったのに対し、2018年から2020年にかけては25%と、2016年から2018年にかけてよりも遅いペースとなっています。この減速は、RIAAが定義し測定する持続可能な投資を構成するものに関する業界の基準が厳しくなっているという業界の変遷を反映しています。欧州では、2018年から2020年にかけて、サステナブル投資資産の成長率が13%減少したと報告されていますが、これは、本年度の報告書で欧州のデータを抽出する際の測定方法が変更されたためです。これは、欧州サステナブル金融行動計画の一環として欧州連合の法律に組み込まれた、サステナブル投資の定義の改訂に伴う移行期間を反映しています。

図3 地域別の持続可能な投資資産の成長(現地通貨ベース) 2014-2020年

(出所:GLOBAL SUSTAINABLE INVESTMENT REVIEW 2020)

総運用資産に占めるサステナブル投資の割合

 以下図4に示すようにトップに走り出したカナダに続き、米国と日本は引き続き大きく伸びていますが、総資産に占めるサステナブル投資の割合では二位の欧州と3位のオーストラリアに及ぶレベルには足していません。次は地域別のサステナブル投資の特徴に深堀ります。

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2021/7/25

【GSIA 2020】世界のサステナブル投資、過去4年間で55%の増加

全体的な世界像とその総額  グローバル・サステイナブル・インベストメント・アライアンス(GSIA)は、2020年初頭、5つの主要市場において、世界のサステナブル投資額は世界の運用資産総額の約3割に匹敵する35.3兆米ドルに達し、過去2年間(2018年~2020年)で15%、過去4年間(2016年~2020年)で55%の増加したと最新調査報告書で発表した(図1)。 図1 世界のサステナブル投資額の推移(2016-2018-2020年)(10億米ドル) (出所:GLOBAL SUSTAINABLEINVEST ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/7/22

アマゾン熱帯雨林、毎年日本分のCO2を排出

アマゾンの熱帯雨林は、現在、吸収できる量よりも多くの二酸化炭素を排出していることが、科学者によって初めて確認された。その量は年間10億トンで、世界第5位の温暖化ガス排出国である日本の年間排出量に相当する。 研究者らによると、巨大な森林は、これまでは温暖化を引き起こしている二酸化炭素を吸収する炭素吸収源であったが、現在は温暖化の加速を引き起こしているという。 CO2排出量のほとんどは火災によるもので、その多くは牛肉や大豆を生産するための土地を整地するために意図的に行われている。しかし、火事がなくても、気温の ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/7/16

西オーストラリア州、世界最大級グリーン水素ハブを目指す

西オーストラリア州の南海岸に、50ギガワット(5千万キロワット)という驚異的な風力・太陽光発電容量を持つ世界最大の再生可能エネルギー・ハブが提案されており、オーストラリア国内および輸出用に数百万トンのグリーン水素を製造する計画が発表された。 「西部グリーン・エネルギー・ハブ」と呼ばれるこの1,000億豪ドル(約82兆円)規模のプロジェクトは、前例のないものである。このプロジェクトは、オーストラリアのあらゆる種類のプロジェクトの中でも最大級のものであり、オーストラリアの主要送電網の総発電量に匹敵する規模とな ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/7/9

運用資産43兆ドルのアセットマネジャーがネットゼロを目指す

7月7日、6.8兆米ドルの資産を有する大手資産運用会社41社が新たに「ネット・ゼロ・アセットマネージャーズイニシアティブ(NZAMI)」に加盟した。同イニシアチブに加盟するアセットマネジャーは、2050年またはそれ以前に、投資先ポートフォリオ全体でネット・ゼロ・エミッションの達成を目指し、2030年までの中期的な排出量削減目標を設定するために、顧客と協力することにコミットする。今回の加盟により、43兆ドルの資産を運用する128社の運用会社が、カーボンニュートラル達成に整合したポートフォリオ構築に挑む。同イ ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/7/5

ボルボとメルセデス・ベンツ、グリーン・スチールでクルマを生産

世界中の自動車メーカーが、温室効果ガスの排出量を削減するために電気自動車や水素自動車の生産に力を入れている中、ボルボとメルセデス・ベンツは自動車生産に伴う主要な排出源である鉄鋼生産の脱炭素化に注力している。両社は2025~2026年までに化石燃料を使用しない鉄鋼「グリーンスチール」を使用した車両の発売を目指す。 ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の コンテンツです。 4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください。 「Th ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/6/29

[米国]34のESG株主提案が過半数の支持を獲得

6月24日、米国のProxy Previewは、前例のない2021年の米国における株主総会シーズンについて、環境・社会・ガバナンス(ESG)関連の株主決議に対して34件の過半数の投票があったという新しいレポートを発表した。 米国では、これまでに34件のESG株主提案が過半数の支持を獲得し、昨年の21件の記録を更新した。年内にはさらに増える見込みだ。また、昨年は70%の支持を超えた決議は2件のみだったが、今年は17件となった。 また、80%以上の支持を獲得したのが8件、90%以上の支持が6件あった。90%以 ...

ThinkESGプレミアム会員限定

2021/6/27

【7月25日開催】ESGスクール#5~ESG投資実践のコツ~

ESGスクール#4:「ESGの「G」の重要性」 #5:「ESG投資実践のコツ」日時:7/25(日)17:00 - 18:30 TOPICS インベストメントチェインを理解するESG投資の種類ファンド選びの5STEPESG投資実践に参考になる情報元 参加費:500円(*プレミアム会員無料) 【お申し込みはこちらから】 ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の コンテンツです。 4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください。 「 ...

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2021/6/22

「ESGウォッシュ」に騙されないための4つのポイント

「ESG投資信託」や「ソーシャル・インパクト・ファンド」など、金融機関が環境や社会に配慮した投資商品を販売するケースが増えてきている。それに伴い気候変動や社会的課題に挑戦している企業を対象にした投資信託やインデックスファンドなどが増えていることは心強いことだが、一方で、個人投資家にとってそれらのファンドが社会的に本当にポジティブな影響があるのか、それとも単なるマーケティング手法の一環でしかないのかの見極めが難しい場合がある。そうした中、ThinkESGでは「ESGウォッシュ」に騙されないための4つのポイン ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/6/16

G7の主要株価指数、温暖化2.95℃をもたらす影響を推定

SBTi(Science Based Targetsイニシアチブ)の最新の調査報告書によると、G7の主要株価指数に採用されている企業の現在から将来にかけての温室効果ガス排出量の予測値に基づいて、将来平均的に2.95℃の温暖化をもたらす可能性があると試算されている。7つの指数のうち4つのインデックスは、3℃以上の危険な温度上昇をもたらすパスウェイにあるという。調査対象の一つとなった日本の日経平均株価(日経225)の構成銘柄は既存の温暖化対策では産業革命前の平均気温に比べて3度Cの気温上昇をもたらしてしまうだ ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/6/10

自然関連の情報開示を促す新組織(TNFD)が正式発足

金融機関や企業が進化する自然関連のリスクを報告し、行動するための枠組みを提供することを目的とした、新しいグローバルイニシアチブ「自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)」が先日正式発足した。 タスクフォースの共同議長には2名が任命され、共同議長には、Refinitiv社のCEOであり、ロンドン証券取引所グループ(LSEG)のデータ&アナリティクス部門のグループリーダーであるDavid Craig氏と、国連生物多様性条約(CBD)の事務局長であるElizabeth Maruma Mrema氏の2名が就 ...

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.