ThinkESGプレミアム会員限定

ロンドンを本拠地とするグローバルな気候変動シンクタンク「InfluenceMap」が「アセットマネージャーと気候変動」2021年報告書を発表した。同報告書は、世界最大手30社の資産運用会社の投資ポートフォリオ構成、投資先企業との建設的対話、そして議決権行使を含むスチュワードシップ活動の気候変動への対応を評価するものである。

世界最大級のアセットマネジメント・グループは、その保有株式数でみると、世界の気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より十分下回る水準まで抑制するというパリ協定の目標達成から8%〜27%逸れているという。これらの資産運用会社の投資ポートフォリオは自動車、石油・天然ガス、石炭生産、及び電力おいて温室効果ガス排出量の多い「ブラウン」なテクノロジーを活用する企業の比重が大きく、グリーン技術を取り入れる企業の比重が小さいと指摘される。これは、いわゆる市場平均型インデックスファンドの気候変動への対応評価スコアとみても良いだろう。一方で、パリ協定の目標を上回るいくつかの上場ETFファンドは評価さらている。アムンディのグローバルエコロジーESG(Amundi Funds AGEEFEC) とイベスコのクリーンエネルギーETF (Invesco Wilderhill Clean Energy ETF)が特に目立った。

出典:Influencemap

本報告書では、投資先企業との最も強力なエンゲージメント(建設的対話)を行っている運用会社として評価されているのは相変わらず欧州大手の仏BNPパリバ・アセットマネジメント、英リーガル&ジェネラル・イベンストメントマネジメント、そしてスイスのUBSアセットマネジメントによるものであることを示している。いずれも「A+」を獲得しており、スチュワードシッププロセスにおいて完全な透明性を確保しているうえ、ビジネスモデルの移行及びロビー活動に関して企業と建設的対話を行ったエビデンスが見られる。また、英アビバインベスターズ、仏アクサ・インベストメントマネージャーズ、小規模ながらアクティブオーナーシップを発揮するフェデレーテッド・ハーミーズ、サラシン・パートナーズやナティクシスの子会社ミローバはまた高スコアを獲得している。

出典:Influencemap

欧州のESG先導者に続き、日本の運用会社の努力も評価された。

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/4/7

資産運用会社の気候変動対応ランキング:世界最大30社を評価

ロンドンを本拠地とするグローバルな気候変動シンクタンク「InfluenceMap」が「アセットマネージャーと気候変動」2021年報告書を発表した。同報告書は、世界最大手30社の資産運用会社の投資ポートフォリオ構成、投資先企業との建設的対話、そして議決権行使を含むスチュワードシップ活動の気候変動への対応を評価するものである。 世界最大級のアセットマネジメント・グループは、その保有株式数でみると、世界の気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より十分下回る水準まで抑制するというパリ協定の目標達成から8%〜27%逸れ ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/4/11

Business of Fashion ファッション業界のサステナビリティ・ランキングを公開

第1回のビジネス・オブ・ファッション(BoF)サステナビリティ・インデックスは、世界の気候変動問題や持続可能な開発目標(SDGs)の解決に合わせてファッションビジネスを行うために、今後10年間で達成しなければならない野心的な環境・社会目標に対して、ファッション業界の大企業のパフォーマンスをベンチマークした。 このインデックスは、ラグジュアリー、ハイストリート、スポーツウェアのカテゴリーに属するファッション業界の最大手企業15社のパフォーマンスを厳密にベンチマークするために公開情報を調査し、世界的に著名な専 ...

ThinkESGプレミアム ThinkESGプレミアム会員限定

2021/3/28

[プレミアム会員限定] ESGスクール第3回講座:先行受付

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の コンテンツです。 4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください。 「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます。 「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ThinkESGプレミアム ThinkESGプレミアム会員限定

2021/3/28

[プレミアム会員限定] ESGスクール第2回講座:先行受付

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の コンテンツです。 4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください。 「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます。 「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/3/25

ネットゼロ企業ベンチマーク159社を評価

気候変動に関する世界最大の投資家イニシアチブである「Climate Action 100+」は、世界最大の温室効果ガス排出企業159社の気候変動対策を評価する初の「ネットゼロ企業ベンチマーク」の結果を発表した。 50兆ドル以上の資産を運用する575の機関投資家からなる投資家グループが対象とした企業は、石油・ガス、電気事業、セメント、自動車、航空会社、鉄鋼、化学薬品など、排出量の多い分野を中心としている。日本企業10社(トヨタ、ホンダ、日産、スズキ、東レ、ダイキン、パナソニック、日本製鐵、日立、ENEOS) ...

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2021/3/16

編集長のESG投資日記#4:株価の反落の中、ESG投信の行方は?

(2020年1月27日〜2021年3月9日時点) あっという間に3月に突入し、ワクチン普及の不透明性の影響でマーケットのボラティリティ(株価変動)が激しくなる中、ESG投信のポートフォリオ価値はどのように変動したのでしょうか? よりサスティナブルな社会構築に向けてニーズが高まるESG課題解決に役立つ企業を軸とした中長期投資の観点から、筆者はESGに配慮したファンドへの積立投資を継続しています。昨年に買い入れた投資信託をコツコツと育てながら、定期的に新たなファンドをポートフォリオに加えています。 2月中には ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/3/11

マッキンゼー:23%の企業は社内カーボンプライスを設定

政府が定め炭素価格がない国や地域でも、多くの企業は、内部炭素価格(社内カーボンプライス)を設定している。自社の事業活動から排出された二酸化炭素排出量に価格を設定し、CO2排出量を費用換算することで、社内で気候変動への対応を促している。 マッキンゼーは、企業の環境関連情報開示を促す非営利団体CDPに情報を公開している企業のデータを調査。対象企業約2,600社のうち23%が内部炭素価格を使用していることが判明。さらに22%の企業が今後2年間に内部炭素価格を使用する予定であることが明らかになった。 データセット ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/3/4

レーティング大手S&Pが9000社のESGスコアを公開

 企業レーティング大手のS&Pグローバルが、企業のサステナビリティパフォーマンスの透明性を高めるために、世界の時価総額の95%を占める約9,200社のESGスコアを公開した。S&Pグローバルのウェブページから、ユーザーは対象企業のESGスコアを検索できる。昨今の企業のESG情報の透明性を高めたいという市場の要望に応えた形だ。  公開されているS&PグローバルESGスコアは、0~100のパフォーマンスベースのスコアで、「E」、「S」、「G」それぞれのスコア、同業他社との比較、過去の変 ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/2/22

英ESG投資アワード:野村もファイナリストにランクイン

英金融メディアのESG Investingは、2021年ESG投資アワードを発表。ESG調査、格付け会社、ファンドや投資商品を対象に、金融市場の専門家、学者などで構成される審査委員会によって評価される。 ランキング結果は以下のようになった。 商品 ESG ETFプロバイダー ファイナリスト:American Century Investment, Amundi Asset Management, BNP Paribas Asset Management, Invesco, Rize ETF 勝者:Amun ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/2/27

製薬会社の医薬品へのアクセスランキング

2021年1月26日に「2021年医薬品アクセス指数」が発表された。この指数は、非営利組織Access to Medicine Foundationが2008年から2年ごとに発表されている。世界の大手製薬会社20社を、低・中所得国106カ国において、自社の医薬品をより入手しやすく、価格の手頃さ、アクセスのしやすさ、供給度合に応じて評価している。 今年のランキングは下記のようになった。 ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の コンテンツです。 4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミ ...

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.