ThinkESGプレミアム会員限定

カナダの金融情報誌「コーポレート・ナイツ」は、世界で最も持続可能な企業100社(Global 100) をまとめた報告書の2022年版を発表した。

  「Global 100」とは、世界のあらゆる業界の大企業(2022年は6,914社)を対象に、環境・社会・ガバナンス(ESG)などの観点から持続可能性を評価し、上位100社を選出しているものである。  例年、「Global 100」はスイスのダボスで開催される世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)の中で発表されているが、本年はコーポレートナイツ社が1月19日に開催したオンライン会合の中で発表された。

  今回の報告書では、サステイナブルな取り組みが企業により一層の利益をもたらす結果となったという。例えば、同社のランク100位内企業は環境に配慮した製品・サービスから収益の47%を稼いでいるのに対し、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)の構成企業は30%にすぎないという。

 また、2021年にはGlobal 100企業のうち60社がScience Based Targetsイニシアチブに署名し、排出削減をパリ協定の目標に合わせた。今年、この数字は65社に増加。また、調査対象となったGlobal 100以外の企業のグリーン投資は2021年の報告書で22%から今年は34%に増加したが、Global 100社は1年前の3分の1から平均して48%をグリーン投資に力を注ぎ、脱炭素化やサスティナブルな商品開発を加速させている。

 コーポレート・ナイツ社は今年、Global 100企業にA+からD-までの評価を与えるレーティング方式を導入した。この評価は、コーポレート・ナイツの23の主要指標に基づく企業の総合得点から換算されたものである。Global 100に選出された企業は、いずれも平均を大きく上回るサステナビリティを実践している。

 今年の指数では、電気通信、チップメーカー、コンピューターメーカー、ビジネスサービスプロバイダーなど、あらゆる種類のハイテク企業が上位を占めている。また、Global 100には、米国上場企業のEvoqua Water TechnologiesやBeijing Enterprises Water Groupなど17社が新たにランクインしており、世界中で水問題の重要性が高まっていることがうかがえる。後者は、サンパワー、信義ソーラー・ホールディングス、ロンギ・グリーンエナジーを含む多くの中国企業の一つで、おそらく世界最大の炭素排出国で持続可能性が定着し始めていることを示している。Global 100には、欧州(41社)と米州(39社)の企業が上位を占め、アジア太平洋地域からは20社が構成銘柄に選ばれた。日本勢は3社のみがランクイン。

 今年1位を獲得したのは、デンマークの風力発電機の設計、製造、販売会社であるべスタス・ウィンド・システムズ。前年の21位からの急上昇である。2位はデンマークのバイオテクノロジー企業、クリスチャン・ハンセン。3位は3Dデザイン、エンジニアリング、エンターテインメントソフトウェアを手掛ける米国のオートデスクだった。それぞれ前年の24位、43位から上昇した。

 日本からは積水化学の22位(前年51位)が最高位。他ににランクインした日本企業は、

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2022/1/27

持続可能な企業トップ100、日本勢3社ランクイン

カナダの金融情報誌「コーポレート・ナイツ」は、世界で最も持続可能な企業100社(Global 100) をまとめた報告書の2022年版を発表した。   「Global 100」とは、世界のあらゆる業界の大企業(2022年は6,914社)を対象に、環境・社会・ガバナンス(ESG)などの観点から持続可能性を評価し、上位100社を選出しているものである。  例年、「Global 100」はスイスのダボスで開催される世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)の中で発表されているが、本年はコーポレートナイ ...

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2022/1/23

2022年を見据えたESGテーマ3選~③生物多様性~

はじめに  現在、自然環境の悪化に伴い、生物の多様性が、これまでにない早さで刻一刻と失われつつある。これは、私たち自身が、人類を含めた多くの生命にとって欠かすことの出来ない命の土台である生物多様性を自ら壊していることに他ならない。人為的な動物の移動による外来生物の生態系への影響や、森林伐採などで動物たちの住居を奪うという事態も頻発している。 そんな中、海外では政府や企業が生物多様性を考慮した取り組みが徐々に進んできている。本ブログでは、欧州における政府、投資家や企業の取り組みや、生物多様性の世界的保護を話 ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2022/1/20

デンマーク: グリーンウォッシュは違法行為に。第三者評価、LCA義務付けも

企業が自社の製品やブランドをグリーン、サステイナブルと呼ぶための条件が大きく変わる。デンマークの消費者オンブズマンは最近、企業がグリーン・クレームを裏付けるためにライフサイクル分析(LCA)のような科学的な文書が必要になると新たなルールを定めた。製品を売るためにグリーン用語を悪用すると、100万ドルの罰金につながる可能性があると警告している。 つまり、デンマークで製品を販売する場合、ライフサイクルアセスメントなしに「グリーン」または「カーボンニュートラル」と呼ぶことはできない、というものである。 日本企業 ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2022/1/15

世界のトップリスク、1位は「気候変動対策の失敗」

昨年11月にグラスゴーで開催された国連気候変動会議COP26をはじめ、気候危機に対する政府や企業の取り組みが加速してきている。そんな中、世界経済フォーラム(WEF)が、2022年グローバルリスク報告書を公開した。報告書には、今後10年間の世界の重大リスク・トップ3に「気候変動対策の失敗」「異常気象」「生物多様性損失」が選出された。今回のESGニュースでは、報告書作成の経緯と、気候変動対策の失敗を防ぐために取るべき政策をまとめる。環境問題以外にも、「生活危機」、「社会的分断」、パンデミックの回復にばらつきが ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2022/1/13

使い捨てプラ製造企業への投資を見直すべき理由

現在、脱プラスチックへの取り組みを政府や企業が進めてはいるものの、新型コロナウイルスのパンデミックでプラスチック製品の消費が増えている傾向にある。特に、フェイスシールドや手袋、食品のテイクアウト用容器、オンラインショッピングで注文された商品の配送用緩衝材などの需要が増えているが、こうした使い捨てプラスチック製品の多くはリサイクルできず、廃棄物が急増しており問題となっている。 そんな中、非営利の金融シンクタンクであるプラネット・トラッカーが、世界の使い捨てプラスチックの半分以上(58%)が上場企業30社によ ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2022/1/12

デンマーク:全ての国内線を「グリーンフライト」に

デンマークのメッテ・フレデリクセン首相は2030年までにデンマーク国内全ての航空便をカーボンニュートラルにすることを目指すと発表した。 フレデリクセン氏は新年のスピーチで気温の上昇の背景に炭素税を導入し、それに加えて、「我々はデンマークの国内線では安全に環境に配慮した飛行ができるようにしなければならない」と主張した。 さらに、フレデリクセン氏は以下のように述べている。 「気温の上昇が地球を破壊しているのです。今年、私たちはCO2に対する新しい野心的な税金を決定します。空気を汚染する企業が自ら排出量を支払う ...

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2022/1/4

2022年を見据えたESGテーマ3選~①アグリテック~

はじめに   世界的な人口増加や食料不足、農業従事人口減少、食料廃棄の現状から、世界的に「食産業」のサステナビリティ課題が問題視されている。そんな中、課題解決に挑むアグリテックやフードテック企業が投資家の注目を集めている。日本においても、「スマート農業」と呼ばれる新技術や、代替肉商品や人工知能AIを活用したシステムの導入が進展している。今後、アグリテック・フードテック産業の成長余地は大きいと想定されており、農業の持続可能性を支える分野として、日本を含む世界のESG投資家はこうした関連株式に投資する傾向が高 ...

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2022/1/3

2021年、ESG投資信託で+26%リターン

2021年は、ESG投資に益々注目が集まった年となりました。Withコロナの生活が長引き、出口戦略が危ぶまれる中、思い通りに復活出来なかった部分が残る反面、ニューノーマルのあるべき社会の姿を改めて考えさせられました。 著者はESG投資を実践し始めてから来年で10年立ちますが、数年前まではブティークな運用会社ばかりが主に取り組んでいた責任ある投資が、近年では世界の潮流となるほど広がっていると日々感じています。 今年のはじめに「2021年のESG投資予測」のブログで予測したマクロトレンドはそれぞれ強まっていき ...

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2021/12/23

2022年、ESG投資家のための6つの優先事項

2021年には、ESG投資の普及が大きく加速し、責任投資の哲学と実践が主流となり、成熟してきた。 しかし、持続可能で公正な未来を実現するために、まだ多くの優先事項が残る。 機関投資家に対してESGを重視した投資を長年促進してきた責任投資原則(PRI)のCEOを退任するフィオナ・レイノルズ氏は、2022年に向けて、責任ある投資家が優先すべき6つの重要な事項を指摘した。 1. 社会的課題、すなわち人権問題の重要性 数年前に比べ、COVID-19の大流行によって、社会問題がファイナンスのアジェンダに上り始めたこ ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2021/12/11

ESG経営と財務・投資パフォーマンス、正の相関関係

昨今、ESGを投資基準とした投資信託が増えてきている。しかし、ESGと財務パフォーマンスの関係性について決定的証拠がないという評論家は多数存在する。一方で、多くの分析では、企業のESGパフォーマンスと業務効率、株式パフォーマンス、資本コストの低下との間に正の相関関係があると結論付けている。 ESG経営と財務・投資パフォーマンスとの関係を明らかにするために、ニューヨーク大学スターン・センター・フォー・サステナブル・ビジネスとロックフェラー・アセット・マネジメントが共同で過去5年間で発表されたESGと財務パフ ...

Copyright© ThinkESG , 2022 All Rights Reserved.