ThinkESGプレミアム会員限定

欧州での地上戦、景気後退の脅威、グローバリゼーションからの一部脱却などを背景に、スイスの山間の町ダボスで開催されていた世界経済フォーラムの年次総会が1月20日に閉幕した。

今年の「ダボス会議」は、政府、企業、市民社会から過去最多のリーダーが参加し、史上最大規模となった。ダボスでは、どのようなトピックスが話題となったのだろうか。コンサルティング大手のマッキンゼー・アンド・カンパニーは、議論の中から5つの重要なポイントを取り上げた。

  1. グローバルな混乱は収束していない。企業は、明日に備えるために、今のうち、レジリエンスの力を構築することを優先させなければならない。
  2. どの地域も島ではない。グローバル化の未来には、デカップリングではなく、多様化が必要だ。
  3. ネットゼロの未来を実現するために、リーダーはエネルギー転換とエネルギー回復力のバランスを取る必要がある。
  4. グローバル企業は、インクルージョンが未開拓の市場を開拓し、競争力を高めることに役立っていることを認識している。
  5. 芽生えつつある宇宙経済は、世界を変える大きな可能性を秘めている。多くのセクターが宇宙のイノベーションを取り込むことができる。

希望の光

多くの経済学者が2023年の景気後退リスクを予測し、地政学的緊張が世界経済を形成し続けると見ている一方で、ダボス会議では、より持続可能で強靭な世界の基礎を築くために、進行中の経済、エネルギー、気候変動、食糧危機に対処する50以上の国際イニシアチブが発表され、希望の光が見えてきた。

注目すべき取り組みのいくつかを以下に要約する。

ウクライナのゼレンスキー大統領はキエフからバーチャルで参加者に語りかけ、戦争終結に向けたウクライナの10項目の提案(敵対行為の停止、ロシアとの国境の回復、すべての囚人と追放者の解放、食糧とエネルギーの安全保障、正義の保証)を支持するよう世界の指導者に促した。

世界のリーダーは次々とウクライナとの連帯を表明した。

ドイツのショルツ首相は、自国が「必要な限り」ウクライナを支援し続けることを表明した。

また、戦争にもかかわらず、地域のエネルギー危機が経済に与える影響を抑える努力のおかげで、欧州最大の経済大国は今年の景気後退を避けるだろうと述べ、気候中立の達成というドイツの目標を再確認した。

中国が世界に門戸を再び開く

中国の劉鶴副首相は、3年間のパンデミック隔離を経て、世界への開放を宣言し、国際協力、経済の安定と再グローバル化を強調した。劉副首相は、自由化の継続と中国の不動産業に対する規制緩和を確約した。また、2030年までに炭素排出量のピークを達成し、2060年までにカーボンニュートラルを達成するという中国の2つの目標を再確認した。

欧州委員会のフォン・デア・ライエン委員長は、欧州をクリーンテックとイノベーションの本拠地にするための「グリーンディール産業計画」の実行に向けた政策を強調した。欧州のグリーン経済戦略は、スピードとアクセスを提供する規制環境、クリーンテクノロジー生産のための資金調達、スキルアップ、貿易の促進という4つの柱を軸に構成されているという。

協力が主要テーマ

協力はよりバーチャルになりつつあり、フォーラムのグローバル・コラボレーション・ビレッジでは、メタバースのようなバーチャル環境を、いかに包括的で効果的な国際的行動に活用できるかを示した。人工知能の黄金期が進行する中、テクノロジーは人々を結びつける方法をより多く提供するIT・テックの可能性にも大きな期待が寄せられている。

「コラボレーション、イノベーション、人間の善意と創意工夫の力によって、私たちは課題をチャンスに変える能力を持っています。これこそ、相互尊重と協力によって問題を解決する精神です。」

世界経済フォーラムの創設者兼会長、クラウス・シュワブ氏

危機が収束するにつれ、解決策もまた収束しなければならない。

ダボス会議では、大きなシステム上の課題を横断するつながりが重視された。480以上のセッションが行われ、350人以上の公人、47人の首脳を含む2,700人以上のリーダーが、世界の最も差し迫った課題に取り組むために年次総会に集結した。

フォーラムでは、気候変動と貿易、循環型経済、グリーン産業、製造業の再編に焦点を当てた主要なイニシアチブが目立った。

ネット・ゼロを目指す産業クラスター

中国、インドネシア、日本、スペイン、米国を拠点とする9つの主要産業クラスターが、産業界のGHG排出量削減を支援する「産業クラスターのネットゼロ移行イニシアティブ」(英:Transitioning Industrial Clusters towards Net Zero)イニシアチブに参加した。川崎市の「川崎カーボンニュートラルコンビナート(英語表記:Kawasaki Carbon Neutral Industrial Complex)」が、日本で初めて参画を発表した。この取組は、世界経済フォーラムにより設立・運営されており、世界的な課題であるカーボンニュートラルの実現に向け、重要な役割を担う産業クラスターについて、国際的なクラスター間のノウハウ・知見を共有し、協業によるカーボンニュートラルを目指すもの。これまで世界各国の産業クラスターが参画し、会議による情報交換や連携しての情報発信が行われる。

グローバル・バッテリー・アライアンス

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2023/1/26

ダボス会議からの展望

欧州での地上戦、景気後退の脅威、グローバリゼーションからの一部脱却などを背景に、スイスの山間の町ダボスで開催されていた世界経済フォーラムの年次総会が1月20日に閉幕した。 今年の「ダボス会議」は、政府、企業、市民社会から過去最多のリーダーが参加し、史上最大規模となった。ダボスでは、どのようなトピックスが話題となったのだろうか。コンサルティング大手のマッキンゼー・アンド・カンパニーは、議論の中から5つの重要なポイントを取り上げた。 グローバルな混乱は収束していない。企業は、明日に備えるために、今のうち、レジ ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2023/1/22

[2023 Global 100] 世界で最も持続可能な企業ランキング

サステナビリティ専門の独立系メディア・調査会社であるコーポレート・ナイツは、グローバル企業6,720社の分析に基づき、世界で最も持続可能な企業ランキング「2023 Global 100」を発表した。 コーポレート・ナイツ社が毎年発表するこのランキングは、世界の大手上場企業のサステナビリティ・データを定量的に比較し、ランク付けしたものだ。 同社が毎年発表するこのランキングは、企業の事業や主要製品・サービスが環境や社会に与える影響を、中核的な事業活動と同様に重視する。 同ランキングは、売上高10億米ドル以上の ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2023/1/14

世界経済フォーラム「グローバル・リスク・レポート2023」

世界経済フォーラムの最新版「グローバル・リスク・レポート2023」では、今後10年間に世界が直面する最大のリスクが明らかにされている。 今後2年間は生活費危機が最大のリスクとされ、今後10年間は環境リスクが支配的となる。 グローバルなリスクと危機が相互に関連していることから、今後数年間は「多発性危機」の脅威が生じると指摘する。 コロナウイルスからヨーロッパでの戦争まで、今回の『グローバル・リスク・レポート』が説明するように、これらは「食糧とエネルギーにおける新たな一連の危機であり、数十年の進歩が解決を目指 ...

ESGニュース ESGブログ・意見 ThinkESGプレミアム会員限定

2023/1/10

2023年のESGテーマ

2022年はESG投資の観点からは不安定で不利益なできごとが多数起きた。一方で、コロナウイルスとエネルギー危機への対応に加え、さらに気候変動対策の強化や生物多様性の回復という中長期の課題解決がさらに重要とされる時代の中、ESG対応が優れている企業は外部環境の変化に対して引き続き柔軟に適応する能力(レジリエンス)が高いことを踏まえておけば、中長期的にパフォーマンスは市場平均を上回ることが期待できる。2023年も市場のボラティリティーが続くことは避けられないが、ThinkESGが注目する3つのESGテーマを紹 ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2022/12/30

2030年までに地球の30%を自然環境保全地域に

カナダ・モントリオールで12月19日に閉幕した国連の生物多様性に関する会議(COP15)で、2030 年までに生物多様性の損失を阻止・回復するための新しい国際協定「昆明・モントリオール生物多様性国際枠組み(Global Biodiversity Framework - GBF)」が国連生物多様性条約の下で196カ国によって採択された。 GBFは、生物多様性の損失への対処、生態系の回復、先住民の権利の保護を目指している。2030年までに地球の30%と劣化した生態系の30%を保護下に置くなど、自然の ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2022/12/18

プラスチックの代替素材に注目集まる

EUのプラスチックへの規制強化 EUのプラスチック規制強化を受け、一定比率の再生プラスチックを含む製品や生分解性プラスチックの製品が義務付けられる。さらにEU域内では循環的にプラスチックを利用するためのインフラが整備され、日本企業は日本の技術や製品が市場から締め出されることに危機感を覚えている。今、国際ルールを反映した新規の製品・技術開発が早急に必要とされている。 日本でプラスチック循環利用に向けた取り組み:CLOMA 国際的なプラスチック製品に対する規制強化を受け、国内ではCLOMA(クリーンオーシャン ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2022/12/6

ESG企業トップ100社、日本勢7社ランクイン

サステナビリティ・データプロバイダーであるESG Bookは、12月1日、ESG(環境・社会・ガバナンス)の分野で世界をリードする企業を選出し、「ESG企業ランキングトップ100」を発表した。 近年、ESG投資が急速に拡大している中、企業の非財務情報がより入手しやすくなってきた一方で、投資家は、より持続可能な企業に向けて効率的に資金を配分するために、より明確なESG情報を必要としている。 ESG Bookの無料データプラットフォームは、約1万銘柄の情報開示へのアクセスを提供し、すべての市場関係者がサステナ ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2022/12/1

EU、2030年までにすべての包装材をリサイクル可能にする

欧州委員会が11月30日に発表した新しい規則案によると、EU市場で流通しているすべての包装材は、2030年までに完全にリサイクル可能であることが求められることになる。 欧州グリーン・ディール担当のフランズ・ティマーマンス執行副委員長は、新規則を紹介する声明の中で、この提案は、「包装廃棄物を減らし、再利用と詰め替えを促進し、再生プラスチックの使用を増やし、包装のリサイクルをより容易にする 」と述べている。 欧州委員会によると、対策を講じなければ、欧州ですでに1人当たり年間180kg近くに達している ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2022/11/25

COP27の成果: 損失・損害の基金設立へ

国連気候変動会議COP27は11月20日に気候災害で大きな打撃を受けた脆弱な国々に損失と損害のコストを支払うため資金を提供するという画期的な合意に達した。また、気候変動の悪影響に特に脆弱な途上国への技術支援を促進するため、サンチアゴネットワークを運用するための制度的取り決めについて合意が実現された。その内容と今後の影響について説明する。 損失・損害基金への険しい道のり これまで気候変動の影響を受ける国々に対し先進国などは炭素削減や気温上昇への適応を支援するための資金を提供してきた一方、援助を受ける当該国は ...

ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

2022/11/16

国連専門家グループ、ネットゼロ・ウォッシュへの対策を提言

国連事務総長直下に設立された専門家グループは、企業やその他非国家主体が発表するネットゼロ誓約について、明確な基準を策定し、グリーンウォッシュを避けることを目的とした一連の勧告を報告書として発表した。 パリ協定の発効に伴い、多数の企業、国家、都市がネットゼロ誓約を掲げてきたが、現在ネットゼロは一つの変曲点を迎えている。ネットゼロ誓約を掲げたにも関わらず、具体的な行動が実行されない例。 ネットゼロ目標を過小評価したり、独自解釈を行ったりする例。肯定的な報道による自社利益獲得を目的に、達成する予定がないにも関わ ...

Copyright© ThinkESG , 2023 All Rights Reserved.