ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

自然関連の情報開示を促す新組織(TNFD)が正式発足

金融機関や企業が進化する自然関連のリスクを報告し、行動するための枠組みを提供することを目的とした、新しいグローバルイニシアチブ「自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)」が先日正式発足した。

タスクフォースの共同議長には2名が任命され、共同議長には、Refinitiv社のCEOであり、ロンドン証券取引所グループ(LSEG)のデータ&アナリティクス部門のグループリーダーであるDavid Craig氏と、国連生物多様性条約(CBD)の事務局長であるElizabeth Maruma Mrema氏の2名が就任した。

タスクフォースは、2023年までに、組織が進化する自然関連のリスクを報告し、行動するためのフレームワークを提供し、世界の金融の流れを自然にマイナスの影響を与えるものから自然にプラスの影響を与えるものへと変化させることを目指す。

主要な金融機関や多国籍企業は、自然関連のリスクと機会を評価するビジネスを支援するために、市場参加者が主導するTNFDの立ち上げを支持している。

6月4日に発表された「Nature in Scope」と題する報告書では、世界の資金の流れを自然にマイナスの影響を与えるものから、自然にプラスの影響を与えるものへと移行させるために、タスクフォースの業務の範囲が説明されている。また、TNFDの技術的範囲の提案についても補足的に報告している。

世界経済フォーラム(WEF)によると、世界の経済生産高の半分以上(経済価値44米ドル)は、自然に中等度または高度に依存しているという。そのため、野生の哺乳類の83%、植物の50%が絶滅しているという記録は、企業や財務の安定にとって大きなリスクとなっている。自然にポジティブな変化をもたらす行動は、2030年までに最大10.1兆米ドルの年間ビジネス価値を生み出し、3億9,500万人の雇用を創出する可能性があるという。

TNFDは、すべての地域のさまざまなステークホルダーと協議し、企業、投資家、金融機関、保険会社が、新たな法的責任や土壌の肥沃度のシステム的損失など、自然関連のリスクを管理するのに役立つ自発的で一貫性のある情報開示を開発し、構築することを目的としている。

TNFDは、気候関連財務リスクの主流化に貢献した気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の成果を、初年度に引き継ぐことを目指す。TNFDの自然関連リスクのフレームワークは、TCFDの気候関連のフレームワークを補完し、企業や金融機関が環境リスクの全体像を把握できるようにする。

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

-ESGニュース, ThinkESGプレミアム会員限定

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.