ESGニュース

NYC年金基金:化石燃料株 40億ドル分投資撤退

ニューヨーク市の年金基金は、気候危機回避に向けて約40億ドル(約4000億円)相当の化石燃料関連会社株を売却することを決定した。

ニューヨーク市は、昨年9月にポートフォリオの脱炭素化を表明している。今回の売却に票を投じたのは、市の教師、労働者を代表する2つの年金ファンドで運用資産は合わせて1680億ドル(約17兆円)に相当する。合計で630億ドル(約6.6兆円)相当の警察や消防士の年金ファンドは、賛成票を投じていない。声明によると、80億ドル(約8.3億円)規模の他のファンドもまもなく売却に賛成票を投じる予定だ。

世界有数の大都市が本格的に脱炭素への行動を起こし始めた。日本でも「SDGs(持続可能な開発目標)先進度調査」が実施され、都市レベルでの環境保全に関心が高まっている。今後の具体的な政策実施に期待する。


参考リンク:Reuters:NYC pension funds vote to divest $4 bln from fossil fuels

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

※現在月額50%OFFキャンペーン実施中!クーポンコードはこちら

-ESGニュース

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.