ESGニュース

気候脆弱国フォーラムCVFがCOP26で「気候非常事態協定」求める

地球温暖化により深刻な影響をこうむると考えられる世界48か国の途上国が加盟する気候脆弱国フォーラム通称CVF※1が現在、英グラズゴーで開催中の気候変動対策を話し合う国連会合COP26で期待する結果についてマニフェストを採択した。内容は、気候変動の影響に最も脆弱な人々を保護するために必要とされる緊急アクションを国際社会に呼びかけている。

1.「気候非常事態協定」を実現することを求める

・2020年から2024年まで、途上国に年間1,000億ドル(約11兆4000億円)の気候変動対策資金を提供するためのデリバリープランを採択すること。

 気候変動への適応策と緩和策の資金配分を半々とし、IMFが実施状況を毎年独立して監視することとする。また、英国に対し、パリ協定の信頼性を回復し、途上国の緊急の気候変動対策を支援するために不可欠なデリバリープランの策定に全責任を負うことを求める。

・2025年までの毎年のCOPで2030年目標の野心引き上げプラットフォームを義務付け、全ての政府、特に排出主要国は、現在の国が決定する貢献(NDC)を上回る適応策と緩和策の新たな野心を打ち出すよう毎年努力すること。

2. 気候変動の悪影響に関する損失・被害に対処する国際組織を強化する

COP26ではワルシャワ国際メカニズムへの既存のコミットメントの実行に加えて、気候変動に対応するための技術支援を促進するサンチアゴ・ネットワークを完全に運用し、気候変動による損失と損害を経験した最前線のコミュニティへの支援レベルを高めるための資金配達オプションの作業を義務付けること。

3. 市場メカニズムの公正な活用を確保する

1.5度と整合性のある強固な炭素市場メカニズムを完成させ、その収益の少なくとも5%を最も脆弱な国の緊急適応ニーズへの資金提供に充てること。

CVFは、COP26のマニフェスト実現のために現CVF議長国であるバングラデシュの名誉外務大臣A.K.アブドゥル・モメン氏を長とする、CVF「気候変動サバイバル・リーダーシップ・グループ※2」を結成することを決定し、グラスゴーでの締結に向けて、積極的に協力していくことを決議した。

さらにCVFはCOP26以降に向けて動員をかけるとともに、7つの緊急かつ不可欠な行動を国際社会に呼びかけた。

CVFが求める7つの緊急行動

  1. 「アフリカ適応加速プログラム(AAAP)」へのドナーの全面的な関与と国際的な資金援助。これは、アフリカ大陸全体の現場で適応行動を変革するための最も野心的で緊急に必要とされるイニシアティブであり、中央・南・東アジア、カリブ海、ラテンアメリカ、太平洋の他のすべての脆弱な地域でAAAPの原型となる同様のプログラムに加えて実施する。
  2. 気候変動に強い債務リストラのための緊急連合」を立ち上げ、債務返済を利用して、財政的に制約のある脆弱な国の既存のインフラを気候変動に強くし、100%再生可能エネルギーへの迅速な移行に適合させ、すべての関係者の財政的損失を回避する。
  3. 今年2021年9月〜10月の人権理事会第48会合を踏まえて、環境に関する特別報告者の重要な仕事を補完するために、気候変動に関する国連特別報告者を創設し、最も弱い立場にある人々の権利の保護を強化するための取り組みを推進すること。
  4. CVF加盟国の国別気候繁栄計画(CPP)の策定と実施に対する支援と経済協力。これにより、気候適応と低炭素またはカーボンニュートラルな開発に最大限の意欲を持って最適化された強固な社会経済開発を実現するための戦略的な投資経路が可能になる。
  5. 世界自然保護会議において、IUCNの「気候危機委員会」を設立する。
  6. 気候危機に対応するための国際的な対話と行動に対して、国境を超えた文化と若者の貢献を刺激する。詩と壁画を連動させた「Seeding Climate Action through the Arts」では、国や地域における気候変動対策の必要性と、人々の気候変動危機の経験を反映させている。
  7. Migrants4Climateイニシアティブを通じ、気候変動に起因する移住・移転に対処するための国際社会の行動と支援を強化し、最も脆弱な国における沿岸・河川の浸食やその他の気候危機の影響による気候変動移住者や移転者のリハビリテーションの負担を分担すること。

※1
CVF:Climate Vulnerable Forum
地球温暖化により深刻な影響をこうむると考えられる世界の20の途上国が、2009年11月10日に立ち上げた国際パートナーシップ。その後、加盟国が増加し、現在はモルディブ、エチオピア、マダガスカル、バングラデシュ、フィリピン。コスタリカ、バヌアツなど、アフリカ、アジア、ラテンアメリカ、オセアニアの48の国が加盟している。CVFは、環境的および社会経済的な原因で温暖化に脆弱な国がメンバー国になることを特徴とし、加盟する各国政府が「南南協力」をベースに積極的な活動を展開することを目指している

※2

CVFリーダーシップグループに以下の閣僚が参加する。
マーシャル諸島のカステン・ネムラ大臣、エチオピアのフェカドゥ・ビエネ委員、コスタリカのアンドレア・メザ・ムリーリョ大臣、コンゴ民主共和国のイブ・バザイバ・マスディ副首相、グレナダのサイモン・スティエル大臣。ケニアのケリアコ・トビコ大臣、ガーナ・アクラのモハメド・アジー・ソワ市長、CVF野心大使のモハメド・ナシード大統領、CVF議長特使のアブル・カラム・アザド氏、適応に関するグローバルセンターのCEOであるマネージング・パートナーのパトリック・ベルコイエン教授。


参考記事

CVFマニフェスト(本文)

https://thecvf.org/wp-content/uploads/2021/09/CVF-Manifesto-COP26-final-FINAL-1.pdf

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

-ESGニュース

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.