ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

COP26で日本が再び「化石賞」受賞した理由とは

英グラスゴーで10月31日、国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)が始まった。COP26には、2030年までに温暖化ガス排出量をどのように削減して地球を救うのか、その方針を提示するために約200の国と地域の代表が集まった。開会式では、アロク・シャーマCOP26議長が、「私たちが共有する惑星は、悪い方向へ向かって変化している。これは誰もが承知していることで、対策をとるには誰もが一致しなくてはならない」と述べた。

 11月2日には岸田総理も訪問し、アメリカ合衆国のジョセフ・バイデン大統領と懇談を行った後、気候変動首脳級イベントに出席した。続いて、COP26世界リーダーズ・サミットに出席しスピーチを行った。一部に評価された一方で、国際社会から厳しい目線も向けられた。

 演説内容は、以下のようなものであった。

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

-ESGニュース, ThinkESGプレミアム会員限定

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.