ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

炭素価格75米ドル上昇で、世界の株式相場は平均20%下落する

炭素価格が75米ドル上昇すると、世界の株式相場は平均20%下落するという新たな調査結果が発表された。

同調査は、860億ユーロの資産・受託管理会社であるケンペン・キャピタル・マネジメント社(以下、ケンペン社)によるもので、炭素価格の上昇が世界の株式市場の下落につながる可能性があると警告している。

ケンペン社は、長期投資家のポートフォリオを外部のショックから保護し、健全なリターンを確保するために、気候変動への対応をどのように投資分析に組み込むことができるかという研究の一環として今回の調査を実行した。

現在、激甚化する気候変動を防ぐためには炭素価格の大幅な上昇が必要であると予想されているなか、ケンペン社は炭素税または排出権取引制度(ETS)のいずれかを通じて実施される、世界的な炭素価格の衝撃的な上昇の影響をモデル化した。

新しい分析では、多排出企業に75米ドル※の炭素価格を与えた場合、

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

-ESGニュース, ThinkESGプレミアム会員限定

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.