ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

デンマーク:全ての国内線を「グリーンフライト」に

デンマークのメッテ・フレデリクセン首相は2030年までにデンマーク国内全ての航空便をカーボンニュートラルにすることを目指すと発表した。

フレデリクセン氏は新年のスピーチで気温の上昇の背景に炭素税を導入し、それに加えて、「我々はデンマークの国内線では安全に環境に配慮した飛行ができるようにしなければならない」と主張した。

さらに、フレデリクセン氏は以下のように述べている。

「気温の上昇が地球を破壊しているのです。今年、私たちはCO2に対する新しい野心的な税金を決定します。空気を汚染する企業が自ら排出量を支払うことを保証するものでなければならない。これは交通機関にも適用される。

移動することは生きることであり、そのために私たちは飛行機に乗るのです。しかし同時に、気候に害を与えているのです。もしデンマークがその問題を解決する手助けができたらと想像してください。私たちは飛行機に乗ることをグリーンにする必要があります。」

スピーチで掲げられた目標は、2025年までに「デンマーク人が国内線でグリーンフライトをする機会を持つこと」である。

そして遅くとも、2030年までにはデンマーク国内で飛行機を利用する際に、完全にグリーンなフライトができるようにしなければならない、というものである。

フレデリクセン氏は目標に対して、難しいとしながらも可能だろうと考えているようだ。フライトの脱炭素化に向けて熟練した企業や研究者が解決策にすでに取り組んでいるという。

具体的には、

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

-ESGニュース, ThinkESGプレミアム会員限定

Copyright© ThinkESG , 2022 All Rights Reserved.

ThinkESGプレミアム会員になりませんか?

ThinkESGプレミアム会員募集中!月々ワンコイン(495円税込み)で、最新のESGニュースやブログが読み放題!

あなたのESGリテラシー向上にお役立てください。