ESGニュース

[イベントレポート] ESG SCHOOL#3

ThinkESG主催の「ESG SCHOOL #3 ESGの『S』の重要性」 が5月23日にオンラインで開催されました。当日は、① ジェンダー平等 ② ビジネスx人権の2つの主要「S」テーマに深堀りしていきました。

①の「ジェンダー平等」では、社会課題の解決に貢献するジェンダー平等の事例として、女性役員/管理職比率が企業の取締役会のジェンダー平等を図る指数として注目されていることや、ビジネスにダイバーシティを取り入れることで、企業のパフォーマンスが高まるという研究結果を紹介。また、リーガル・アンド・ジェネラル(LGIM)、アクティブ・オーナーシップ・レポート2020年のデータを抜粋し、「経営者層におけるジェンダーと人種のダイバーシティ」が機関投資家の重大エンゲージメントテーマになっていることを述べました。

②の「ビジネスx人権」では、ウイグル人権問題やミャンマー国軍に関わるビジネスに日本企業の関与が疑われているニュースを紹介した上で、企業の取引先・サプライチェーンや調達先で人権侵害が起きている疑いがあった場合、商品の販売停止や、大口投資家の投資撤退、企業の評判が打撃を受けるリスクがあるという「人権リスク」の重要性を指摘。また、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」や日本でも「コーポレートガバナンス・コード」(企業統治指針)の改定版に人権を尊重するよう求める規定が追加されたように、今後は人権へ配慮の義務化・法制化が進むことを予測しました。

さらに、「ダイバーシティ」や「人権への配慮」 が優れている企業を探すポイントについて、第三者の評価機関のベンチマークや政府がまとめる女性役員比率でのトップランナーを紹介しました。

2021年以降、企業の「S」への取り組みはどう変化する?など参加者の皆様とのディスカッションを通して、ESG投資の「S」に関する理解を深めました。

次回のESG SCHOOLでは、ESGの「G」、「企業統治の重要性」をテーマに深掘りします!


<今後の講座スケジュール>

日時:6/27(日) 17:00 - 18:30

イベントタイトル: #4:「ESGの「G」の重要性」

TOPIC:

  • ESGはの「G」、企業統治への配慮はなぜ重要?
  • 「企業統治」が優れている企業を探すポイントは?
  • 2021年以降、企業の企業統治への取り組みはどう変化する?

(お申し込みはこちらから)

参加登録(一般500円):https://thinkesg.jp/register/esg_school4_register/

参加登録(プレミアム会員無料)https://thinkesg.jp/esg_school4_premium/

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

-ESGニュース

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.