ESGニュース

ESGニュース

2020/8/12

日本企業11社がウイグル人権問題に関与している疑い、新報告書で判明

オーストラリアのシンクタンク「オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)」は、日本企業11社(日立製作所、ジャパンディスプレイ、三菱電機、ミツミ電機、任天堂、パナソニック、ソニー、TDK、東芝、ユニクロ、シャープ)を含む、世界の有名企業83社のサプライチェーンに組み込まれている中国の工場で、8万人以上のウイグル人が強制労働させられているとの詳細な報告書を発表した。 2017年以降、100万人以上のウイグル人とその他のトルコ系イスラム教徒の少数民族が、新疆ウイグル自治区内にある「再教育収容所」で、正当な理由が ...

ESGニュース

2020/8/11

米国のグリーン・ニューディールを実現させるための技術マニュアルが発表された。

新しい調査報告書「Rewiring America」は、風力・太陽光発電所、屋上ソーラー、電気自動車、ヒートポンプ、バッテリーなどの既存の電動化技術を迅速に導入することで、2035年までに米国の二酸化炭素排出量の70%から80%を削減することが可能であると結論付けている。これは、二酸化炭素回収・貯留(CCS)をほとんど行わずに達成することができる。 それらの電動化技術を導入することで、米国のエネルギー需要は約半分に削減され、消費者のお金は節約され、特別な行動の変化を必要とせずに地球温暖化を1.5度に抑える ...

ESGニュース

2020/8/10

16兆ドル規模の投資家が、世界初の「ネット・ゼロ投資」フレームワークを構築

[2020年8月5日、ロンドン] 5日に発表された「ネット・ゼロ投資フレームワーク」は、投資家が気候変動に取り組み、2050年までに世界全体の温室効果ガス排出量を実質ゼロ(ネット・ゼロ)にするための世界初の実践的なブループリントである。 このフレームワークは、欧州の気候変動に関する機関投資家グループ(IIGCC)を通じて、16兆ドル以上の資産を運用する70以上の機関投資家の協力を得て作成された。これにより、推奨される行動、評価基準、方法論などを包括的に導入することで、最終的には、アセットオーナーと資産運用 ...

ESGニュース

2020/7/31

英国最大の年金基金が化石燃料からのダイベストメントを開始

[2020年7月29日(水) イギリス] 英国の公的年金「国家雇用貯蓄信託(National Employment Savings Trust)」ネストは、気候変動への懸念から、石炭やオイルサンド、北極圏の石油開発などに関わる企業を投資ポートフォリオから除外する。 英国最大の年金基金であり、900万人の会員を擁する政府が支援するナショナル・ジョブ・セービング・トラスト(ネスト)スキームは、化石燃料からの投資撤退(ダイベストメント)を開始することになった。環境活動家は業界にとって画期的な動きとして同機関の発 ...

ESGニュース

2020/7/23

ナイキ・スターバックスなど主要9社が「ネット・ゼロへの転換」を加速する新たな取組を発表

(ワシントン2020年7月21日) ナイキ、スターバックス、マイクロソフト、メルセデスベンツAG、A.P.モラーマースク、ダノン、ナチュラ&Co、ユニリーバ、ウィプロなどの創業メンバーを中心とする9社のトップは21日、CO2排出量実質ゼロの世界経済への移行を加速させるため、「ネット・ゼロへの転換(Transform to Net Zero)」と呼ばれる新たなイニシアチブの設立を発表した。 このイニシアチブは、2050年までに企業が二酸化炭素排出量をゼロにすることを可能にするための研究、ガイダンス、 ...

ESGニュース

2020/7/15

バイデン氏、クリーンエネルギーに2兆ドル投資

元副大統領ジョー・バイデン氏は、クリーンエネルギーに4年間で2兆ドルを投資するという新政策目標を発表し、2035年までに電力部門の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロを目指すと宣言した。 民主党大統領候補の新しい公約は、進歩派の環境優先事項と気候変動対策への明確なシフトをマークする。正式な政策転換は火曜日にデラウェア州ウィルミントンで発表された。 バイデン氏の経済再生のための2兆ドルの計画は、米国が記録的な雇用減少に直面している時期に、クリーンエネルギー業界を浮揚させ、雇用を拡大することを目的としている。カリフ ...

ESGニュース

2021/7/11

ThinkESGライター・インターン募集中!

私たちは「未来につながる、ESG投資を」をコンセプトとする金融・投資情報サイトです。サステナブルな資産運用に関心がある投資初心者・個人投資家向けに、ESGの基礎知識、ESG投資ノウハウや最新ニュースなどを配信しています。 環境問題、社会課題、そしてガバナンスに配慮したESG経営に関する最新の動向をフォローし、投資判断に役立つ国内外のESG情報を分析し、ニュース記事やブログ記事としてまとめています。 ThinkESGをネクストステージへ導き、個人投資家のESGリテラシーの向上のため、ライター・長期インターン ...

ESGニュース

2020/7/11

オーストラリア第2位の年金基金、2030年までに投資先の温室効果ガス排出量を45%削減

オーストラリア第2位の年金基金「ファーストステート・スーパー」は、気候変動のリスクを軽減するために、10年以内に投資ポートフォリオにおける二酸化炭素排出量をほぼ半減させることを目指すと発表した(*1)。 同基金は、2030年までに温室効果ガスの排出量を45%削減するようオーストラリア政府に働きかけ、その目標を自身のポートフォリオに反映させていくとしている。1200億豪ドル(約9兆円)の同ファンドは、2023年までに保有する株式のCO2排出量を30%削減し、石炭生産者からダイベストメント(投資撤退)を行うこ ...

ESGニュース

2020/7/5

シドニー市、100%再生可能エネルギーへの切り替えを完了

シドニー市は100%再生可能エネルギーへの切替を正式に行うこととし、市の使用電力をニューサウスウェールズ州全域に渡る風力発電と太陽光発電からまかなうこととした。 これにより街灯、スポーツ施設、市庁舎などを含め、シドニー市の全ての建築物で使用される電力は100%再生可能エネルギーより調達されることとなる。このマイルストーンは、南オーストラリアのアデレード市と同日に達成された。 "私たちは今、気候変動の緊急事態の真っ只中にいます。CO2排出量を削減し、グリーン電力部門を成長させるためには、政府のすべてのレベル ...

ESGニュース

2020/6/23

英国のビジネスリーダー28人が#BlackLivesMatterに応じて公開書簡に署名

[2020/06/21 イギリス] 英国の28人のビジネスリーダーは、ブラックライブズマター(#Blacklivesmatter)運動への連帯を裏付ける形で、ビジネスを通じて黒人のインクルージョンを促進するための具体的な行動を約束する公開書簡に署名しました。 2020年5月25日、アメリカのミネソタ州の警察に拘束されたジョージ・フロイド氏の死によって我々は、世界には体系的な人種差別が実在し、意識的な変革を伴う行動が切実に必要とされているという恥ずべき真実に改めて気づかされたのです。 ビジネス・コミュニティ ...

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.