ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

グリーンランド氷床、 27cmの海面上昇は避けられない

全世界が化石燃料の燃焼を今すぐ止めたとしても、グリーンランド氷床は今世紀中に海面上昇を27cm押し上げる氷を失うとする新しい研究結果が発表された。デンマークとグリーンランドの国立地質調査所の2人の氷河学者が率いるこの研究によると、温暖化で加速している過去100年間の融解などにより、氷床は推定100兆トンの氷を今後失い、少なくとも世界の平均海面を27cm上昇させると結論付けた。グリーンランド氷床の海面上昇へ影響は、このまま温暖化が進めば今世紀中に78cm以上になる可能性があると、8月29日付の科学誌「Nature Climate Change」で報告された。

ほぼすべての国が2015年の気候変動に関するパリ協定で、世界平均気温の上昇を2度より十分低く抑え、温暖化を1.5度以下に抑える努力を追求するために温室効果ガスの排出を削減すると約束したが、世界が排出量実質ゼロになるには何十年もかかる可能性がある。科学者のメッセージ研究者は、この研究が 「温暖化が進む21世紀を通じてグリーンランドが辿る不吉な予兆になる」と警鐘を鳴らしている。しかし、温暖化を急速に止めることができれば、潜在的な海面上昇を大幅に抑えることができ、沿岸地域社会への被害を軽減することができる。

いずれにせよ、研究結果によると、世界は今後1世紀の間にグリーンランドから少なくとも274ミリの海面上昇を受けることは、我々が何をしようとも、すでに確定しているのだ。コロラド大学ボルダー校の北極・高山研究所の氷河学者であり、研究の共著者であるデビッド・バール教授は、これは彼らの最良のシナリオである、と語った。

「2倍悪くなることは十分にあり得ます 」とリスクの高まりを否定しない。

コロラド大学 デビッド・バール教授

「海面が1メートル上昇する可能性は十分にある」とバール教授は言う。「これは悪いシナリオです。ニューヨークやマイアミ、バングラデシュのような場所の大部分が消えてしまうという話です」。氷床の融解が海面上昇に与える影響とは?グリーンランド氷床の融解は、現代の海面上昇の最大要因の一つだ。温暖化した海水の熱膨張に次いで、グリーンランドの融解は世界の海面上昇の20%を占めていると推定されている。

グリーンランドの氷床がさらに融けることは、海水温の上昇、氷河の融解、南極の氷床の融解によって起こる世界平均の海面上昇に加えて起こることになる。この27cmという値は、気候変動に関する国連政府間パネルが昨年予測した、2100年までのグリーンランドの海面上昇への影響のほぼ2倍である。

研究者たちは何を研究したのだろうか?

彼らは、2000年から2019年の間に、

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

-ESGニュース, ThinkESGプレミアム会員限定

Copyright© ThinkESG , 2022 All Rights Reserved.

ThinkESGプレミアム会員になりませんか?

ThinkESGプレミアム会員募集中!月々ワンコイン(495円税込み)で、最新のESGニュースやブログが読み放題!

あなたのESGリテラシー向上にお役立てください。