ESGニュース

アメリカ: ESG投資 17兆ドル越えに

ワシントンに本部を置くサステナブルで責任あるインパクト投資を促進する協会、US SIF(The Forum for Sustainable and Responsible Investment)は、米国での責任投資の現状を2年に1度まとめたレポート、「US Sustainable and Impact Investing Trends」を発表した。責任投資資産総額は2018年初頭の12.0兆ドルから2020年初頭の17.1兆ドル(約1770兆円)へと42%増加している。

この額は、米国の資産運用会社が運用する総資産の33%に当たる。資産総額がわずか6,390億ドルだった第1回レポートから今日に至るまで25倍以上に成長している。最も著しく伸びたのは2012年以降だった。

次回調査される2022年にはさらに投資規模が拡大し、バイデン政権下でサステナブルな社会構築が進むことを望む。


参考リンク:

US FIF:The US SIF Foundation’s Biennial “Trends Report” Finds That Sustainable Investing Assets Reach $17.1 Trillion

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

※現在月額50%OFFキャンペーン実施中!クーポンコードはこちら

-ESGニュース

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.