ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

地球温暖化の脅威メタン 5つの産業が98%を占める 

現在、CO2に対して約28倍の温室効果を持つというメタンがより問題視されている。マキンゼーの最新の研究によると、人間活動から排出されるメタンは、CO2排出量に次ぐ地球温暖化の第2の原因であり、産業革命前からの気温上昇の約30%分を占めているという。さらに、過去20年間でメタンの排出量は約25%増加した。パリ協定で定められた1.5℃または2℃の温暖化目標を達成するために必要な年率2%の減少にはほど遠いものである。

しかし、マキンゼーは5つの産業が既存の技術を用いて、合理的なコストで世界の年間メタン排出量を2030年までに20%、2050年までに46%削減することが可能だと示した。これは温暖化を1.5℃に抑えるための大幅なシフトに向けて十分な効果があるという。

人類のメタン排出量の98%を占めているという5つの産業である農業(40-50%) 、石油(10%)・ガス(10-15%)、石炭鉱業(10-15%)、固形廃棄物管理(7-10%)、そして廃水管理(7-10%)に対して、積極的な削減対策が求められる。

出典:McKinsey and Company 2021

本記事ではそれぞれの5つの産業がメタン排出量にどのように関係しているのか、そしてマキンゼーが指摘する有効な削減策をまとめた。

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

-ESGニュース, ThinkESGプレミアム会員限定

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.