ESGニュース ESGブログ・意見

サプライチェーンにおけるESGリスク

第二回のESGインタビューで佐藤弁護士も紹介していた「Know the Chain」が、新型コロナウィルスの感染拡大によって明らかになったサプライチェーンの労働問題について言及しました。

新型コロナが示す、サプライチェーンにおけるESGリスク

コロナウイルスの大流行の影響が広範囲に及んだことで、企業のサプライチェーンにおける重大な脆弱性が明らかになりました。投資業界は今、サプライチェーンにおける人的資本の扱いを今後どのように評価し、評価するかという転換点に立っています。なぜなら、かつては風評被害や規制上のリスクとみなされていた標準以下の労働条件も、現在では、業務上の重要リスクとして顕在化しているからです。

今回の危機は、予防措置やリソースへのアクセスの仕方やリスクの情報開示レベルの違いによって引き起こされた問題です。その影響は世界的に広がりつつも、地域によって不均等な被害を及ぼしています。

また、移民農民のように経済的に脆弱な状況にある労働者は特にリスクが高く、中には強制労働を強いられる場合もあります。このような労働者の大多数は、医療やウイルスに関する新しい情報にアクセスするのが文化的にも経済的にも難しい状況です。

国際労働機関の調査によると、最悪のシナリオでは2500万人近くの労働者が世界的に職を失う可能性があるとわかりました。また、各国が感染拡大予防のために設けた入国禁止令によって、移民労働者が従事するサプライチェーンの存続可能性が危ぶまれています。

また現在の危機の被害拡大には、労働者の持病や劣悪な生活・労働条件が複雑に絡んでいる。サプライチェーンにおける労働者の窮屈な生活環境は、今回の新型コロナ感染の増加につながっており、今後数週間の間に、工場閉鎖や混乱が増える可能性があります。現在、各国は大規模な集会を禁止していますが、三密の環境で生活する移民労働者は依然として減っていません。

このように現在の労働条件は、新型コロナウィルスのような感染症の蔓延を高める行動を許容しています。職務保障、休暇、病欠手当がほとんど、あるいは全くないために、多くの労働者は健康への悪影響に関わらず働き続けなければならないのです。このような労働の脆弱性は、「ギグ・ワーカー」と呼ばれる、表向きは「自営業者」とされながら通常の労働者保護を受けていない労働者(例:Uberドライバー)に依存している企業にとって、大きなリスクとなっています。

下位層のサプライチェーンについての情報開示、規制遵守度の低さ

全ての労働者に関する深層的な知識の欠如は、コロナウィルスがサプライチェーンに混乱を引き起こす可能性を高めます。多くの多国籍大企業は、自社のサプライチェーンがどこにあるのか、関連するリスク、そしてそれらに対処する方法について、表面的な理解しかありません。

最近出た報告書では、83社でサプライチェーンにおける強制労働が確認されています。強制労働を禁止する企業方針にもかかわらず、自動車、電子機器、家電製品、アパレルを製造する企業は、中国の工場で少数民族の強制労働の事例があったとされています。 

カリフォルニア州や英国が定める法律によると、企業はサプライチェーンを含めた人権への影響について説明することを求められています。しかし、13,000社以上の企業の遵守率は23%と低迷しています。一方で、フランスとオランダはすでに企業に人権デューデリジェンスの実施を義務付ける法律を制定しており、他の欧州諸国もこれに追随する可能性が高いでしょう。

サプライチェーンの未来を守るには、人的資本がカギ

自然資産の保全が見過ごされた場合、その企業は業務の中断を招きかねないのと同様に、サプライチェーンの労働者の生活と安全衛生も同様に考慮されるべきです。「ブラックスワン」という言葉があるにもかかわらず、予期せぬリスクはこれまで以上に頻発しています。

大企業のリスク管理には、予測される混乱の根底にある要因に積極的に対処することが必要です。それと同時に、事業継続に関する投資家の評価は、今後の人的資本と労働力に関連する役割とリスクを考慮する必要があります。企業のリスク管理への投資家の関心の高まりは、今回の世界的危機を受けて上昇しています。低確率も被害の大きい問題を考慮すると、ESGが純粋に長期的なリスク管理以外にも効果的であることを示しています。

【参考リンク】COVID-19 demonstrates the need to address ESG risks in supply chains

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

-ESGニュース, ESGブログ・意見

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.