ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

西オーストラリア州、世界最大級グリーン水素ハブを目指す

西オーストラリア州の南海岸に、50ギガワット(5千万キロワット)という驚異的な風力・太陽光発電容量を持つ世界最大の再生可能エネルギー・ハブが提案されており、オーストラリア国内および輸出用に数百万トンのグリーン水素を製造する計画が発表された。

「西部グリーン・エネルギー・ハブ」と呼ばれるこの1,000億豪ドル(約82兆円)規模のプロジェクトは、前例のないものである。このプロジェクトは、オーストラリアのあらゆる種類のプロジェクトの中でも最大級のものであり、オーストラリアの主要送電網の総発電量に匹敵する規模となる。

主な提案者は、オーストラリアのCWP Global社と香港のIntercontinental Energy社で、先月、連邦環境大臣のSussan Ley氏によって初期の環境承認が却下されたピルバラの26GWのAsia Renewable Energy Hubと同じ当事者である。

西部グリーンエネルギー・ハブ(WGEH)は、南オーストラリア州との州境付近から西に向かってヌラボー川を渡り、鉱山の町カルグーリー、ボールダー、海岸沿いの町エスペランスに至るまでの1万5,000平方キロメートルの範囲に建設される。年間で最大350万トンのグリーン水素、または2,000万トンのグリーンアンモニアを生産する予定である。

西オーストラリアの先住民族のミルニング族(英:Mirning)の完全子会社であるMirning Green Energy社は、このプロジェクトに「重要な持ち分」を持ち、WGEHコンソーシアムの常任理事会にも参加する。

WGEHの理事長であるブレンダン・ハモンド氏は、火曜日に発表した声明の中で、「西部グリーン・エネルギー・ハブは、2つの面で歴史的な出来事です」と述べた。

「1つ目は、世界中の市場や顧客にグリーン燃料を供給することで、私たちの未来をネットゼロに近づけることができる規模です。

「第二に、おそらくもっと重要なことは、この土地の元々の所有者であるミルニング族と協力して、コミュニティに莫大な社会経済的利益をもたらす、真に長期的で持続可能な複数世代にわたるパートナーシップを構築していることです」と述べている。

このプロジェクトは、西オーストラリア州の水素担当大臣であるアランナ・マクティアナンが支援している。大臣は今年初め、化石燃料からグリーン水素やアンモニアへの大きな転換に向けて、西オーストラリア州で100GWのグリーン水素プロジェクトを新たに立ち上げるという野望を発表した。

西オーストラリア州は、世界のグリーン水素産業をリードし、州に強力な経済的未来をもたらし、世界の脱炭素化への主要な貢献者となることを目指している」と述べた。

同州大臣によると、CWP社とインターコンチネンタル社は、西オーストラリア州政府から、提案されたサイトのビジネスケースを構築するために使用される、サイト調査を完了するためのライセンスを取得した。

同プロジェクトで生産されるグリーン燃料は、発電所での混焼、海運業、鉄鋼・化学・鉱業などの重工業、航空業など、様々な分野からの将来の膨大な需要を満たすことを目指している。

コンソーシアムによると、この地域は、平均風速9メートル/秒の強風と、1平方メートルあたり約2,000kWhの日射量を持つ良好な太陽光があるという。これにより、期待される稼働率は約70%となる。この大型プロジェクトの最終的な投資決定は、2028年を予定している。

オーストラリアではすでに、国内外のさまざまな企業から数ギガワット規模のプロジェクトが提案されている。その中には、

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

-ESGニュース, ThinkESGプレミアム会員限定

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.