ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

IPCC最新報告書による気候変動の影響に関する6つの大きな知見

はじめに

2022年2月28日、気候変動に関する政府間パネル(以下IPCC)の第6次評価報告書の第2 作業部会(気候変動に関する影響・適応・脆弱性)報告書が発表された。

IPCCは、67カ国から270人の著者が参加し、34,000の研究成果から構成されたものである。今回の報告書は、気候変動の影響の激化と将来のリスク、特に資源が乏しい国や社会から疎外されたコミュニティにとってのリスクについて、どのような適応アプローチが最も効果的で実現可能か、また、どのグループの人々や生態系が最も脆弱であるかについても詳しく述べたものとなった。

大きく分けて以下の6つの主な調査結果に区分けして説明する。

① 気候変動の影響は、すでに予想以上に広範囲かつ深刻。

人為的起因の気候変動は、産業革命前と比べてわずか1.1℃の温暖化で、すでに世界のあらゆる地域に広範囲に影響を及ぼしている。

枯渇する干ばつ、猛暑、記録的な洪水は、すでに何百万人もの人々の食料安全保障と生活を脅かしている。2008年以降、壊滅的な洪水と暴風により、毎年2,000万人以上が家を追われるようになった。1961年以降、アフリカの作物生産性の伸びは、気候変動により3分の1にまで縮小している。 

また現在、世界人口の半数が1年に1カ月以上、水不足に直面している。山火事の被害は多くの地域でかつてないほど広範囲に及び、景観に取り返しのつかない変化をもたらしている。さらに、気温の上昇は、西ナイルウイルス、ライム病、マラリアなどの媒介性疾患や、コレラなどの水を媒介とする疾患の蔓延を可能にしている。

気候変動は、生物種や生態系全体にも害を及ぼしている。イヌヒキガエルやブランブルケイズ・メロミス(小型のげっ歯類)などの動物は、温暖化により絶滅してしまった。オオコウモリ、海鳥、サンゴなど他の動物も大量死しており、さらに何千もの動物が高緯度や標高に移動している。

②近い将来、気候変動からさらに深刻な影響を受ける

現在、世界中で脱炭素の動きが高まっているが、世界が急速に脱炭素化したとしても、すでに大気中に存在する温室効果ガスと現在の排出傾向から、2040年までいくつかの非常に重大な気候変動による影響は避けられないという。IPCCは、今後10年間だけでも、気候変動によって3,200万〜1億3,200万人が極貧状態に追い込まれると推定している。地球温暖化は、食糧安全保障を危うくするだけでなく、暑さによる死亡率、心臓病、精神衛生上の問題の発生を増加させると公表した。

例えば、高排出量シナリオでは、洪水リスクの増大により、2030年には15歳未満の子どもの下痢による死亡が48,000人増加する可能性があるという。また、マングローブが海面上昇に対抗できない、海氷に依存する種の減少、樹木の大規模な枯死など、種や生態系も劇的な変化に直面することになるという。

③気温の上昇に伴いリスクは急速に拡大し、気候変動の不可逆的な影響を引き起こす

本報告書では、温暖化が進むごとに、人間、生物種、生態系への脅威が上昇するとしている。

例えば、わずか1.5℃の温暖化で、世界中の多くの氷河が完全に消滅するか、その質量の大半を失うことになるという。また、2030年までにさらに3億5000万人が水不足を経験し、14%もの陸上種が高い絶滅のリスクに直面すると予想されている。

同様に、温暖化が一時的にでも1.5℃を超えた場合、より強い嵐、より長い熱波と干ばつ、より異常な降水、急速な海面上昇、北極の海氷と氷床の喪失、永久凍土の融解など、はるかに深刻で取り返しのつかない気候変動の影響が発生することになる。また、1.5℃を超えると、森林の大量枯渇など、重要な炭素吸収源が炭素供給源に変わるようなインパクトの強い事象が起こる可能性が高くなるという。

IPCCは、複数の危機が同時期に同じ地域で発生することで、これらのリスクは互いに複合化すると予測している。例えば、熱帯地域では、暑さと干ばつの複合的な影響により、農業の収量が突如、大きく減少する可能性がある。同時に、暑さによる死亡率が上昇し、労働生産性が低下するため、人々は干ばつによる損失を克服するための労働力を確保できなくなる。このような影響が重なると、家族の所得が低下し、食料価格が上昇する。これは、食料安全保障を危うくし、栄養失調などの健康リスクを悪化させる、壊滅的な組み合わせである。    

④不公平、紛争、開発の課題が気候危機に対する脆弱性を高める

現在、33億〜36億人(世界人口の約半分)が気候の影響に非常に脆弱な国に住んでおり、特に小島嶼開発途上国、北極圏、南アジア、中央・南アメリカ、サブサハラ・アフリカの大部分に集中している。

IPCC第6次評価報告書第2作業部会

貧困、脆弱なガバナンス、医療などの基本的なサービスへのアクセス制限といった不公平、紛争、開発の課題は、危険に対する感受性を高めるだけでなく、コミュニティが気候変動に適応する能力を制約している。例えば、脆弱性の高い国では、2010年から2020年にかけての干ばつ、嵐、洪水による死亡率は、脆弱性が非常に低い国の15倍となった。

2014年にIPCCの第5次評価報告書が発表されて以来、気候変動の影響は都市で劇的に増加した。

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

-ESGニュース, ThinkESGプレミアム会員限定

Copyright© ThinkESG , 2022 All Rights Reserved.

ThinkESGプレミアム会員になりませんか?

ThinkESGプレミアム会員募集中!月々ワンコイン(495円税込み)で、最新のESGニュースやブログが読み放題!

あなたのESGリテラシー向上にお役立てください。