ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

ドイツ政府:2030年までに再エネ80%目標を法律に

ドイツ連邦議会は、過去数十年で最大規模のエネルギー政策の改正を行い、今後数年間で再生可能エネルギー開発を大幅に増加させ、2030年までに同国の電力需要の80%を自然エネルギーで賄うという目標を承認する一連の法律を可決した。

この法律は、ドイツ新政権のクリーンエネルギー戦略の主要な部分を形成している。国の戦略は、気候変動に対するドイツの取り組みを強化し、2045年のカーボンニュートラル目標に到達するために、ドイツの石炭廃止を数年早め、再生可能エネルギーによる経済への移行を促進することを目的としている。

拡大する再エネインフラには、陸上風力発電を毎年10GWずつ増やし、2030年までに115GWにする計画、太陽光発電を2030年までに倍以上の215GWにし、毎年22GWずつ追加する計画、洋上風力を2030年までに30GW、2035年までに40GW、2045年までに70GWに増加させるという壮大な計画が含まれている。さらに、遅くとも2032年までには、ドイツの国土の2%を陸上風力発電用に確保する。

今年初め、ドイツはオランダ、ベルギー、デンマークとともに、

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

-ESGニュース, ThinkESGプレミアム会員限定

Copyright© ThinkESG , 2022 All Rights Reserved.

ThinkESGプレミアム会員になりませんか?

ThinkESGプレミアム会員募集中!月々ワンコイン(495円税込み)で、最新のESGニュースやブログが読み放題!

あなたのESGリテラシー向上にお役立てください。