ESGニュース ThinkESGプレミアム会員限定

北海4カ国:洋上風力を10倍拡大、ヨーロッパのグリーン水素を開拓

北海のドイツ、デンマーク、オランダ、ベルギーの首脳がデンマークで会合し、洋上風力発電とグリーン水素に関する協力協定に調印した。2030年までに少なくとも65GW、2050年までに150GWを目標とする。北海の4カ国は、共同宣言の中で、「ヨーロッパのグリーン電力プラント」になることを表明している。今回の合意では、同地域の洋上風力発電容量を10倍に増やすことを目標としており、民間からの投資総額は1350億ユーロ(約18兆円以上)に達すると予想されている。

北海は、安定した風と浅い海域、そして電力の大消費地である産業中心地に近いことから、洋上風力発電所の設置に最適な場所である。

ドイツのロベルト・ハーベック副首相は、次のように述べている。

「本日のエネルギー大臣会合での合意は、国境を越えた協力関係において重要なマイルストーンとなる。パートナー国とともに、我々は北海地域の洋上風力発電をさらに迅速かつ効率的に拡大し、グリーン水素の新たな可能性を開拓できる 」。

ドイツのロベルト・ハーベック副首相

これにより 「ガス輸入への依存をさらに減らすことができる 」と付け加えた。

欧州委員会は、

ここから先は「ThinkESG プレミアム」会員限定の
コンテンツです。

4つの特典が受けられる「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」の詳細についてはこちらをご覧ください

「ThinkESG プレミアム会員(1ヶ月定期購読)」へはこちらからお申し込みいただけます

「ThinkESG プレミアム」会員の方はログインしてください。

ThinkESGプレミアム

プレミアム会員になる

-ESGニュース, ThinkESGプレミアム会員限定

Copyright© ThinkESG , 2022 All Rights Reserved.

ThinkESGプレミアム会員になりませんか?

ThinkESGプレミアム会員募集中!月々ワンコイン(495円税込み)で、最新のESGニュースやブログが読み放題!

あなたのESGリテラシー向上にお役立てください。