ESGニュース

バイデン氏、クリーンエネルギーに2兆ドル投資

元副大統領ジョー・バイデン氏は、クリーンエネルギーに4年間で2兆ドルを投資するという新政策目標を発表し、2035年までに電力部門の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロを目指すと宣言した。

民主党大統領候補の新しい公約は、進歩派の環境優先事項と気候変動対策への明確なシフトをマークする。正式な政策転換は火曜日にデラウェア州ウィルミントンで発表された。

バイデン氏の経済再生のための2兆ドルの計画は、米国が記録的な雇用減少に直面している時期に、クリーンエネルギー業界を浮揚させ、雇用を拡大することを目的としている。カリフォルニアやニューヨークを含む州ですでに実施されている義務よりも少なくとも5年早く、2035年までに100%「カーボンフリー」のエネルギー産業を実現することを目指す。新しい提案の投資のほとんどは、 4 年間で可能な限り最大限にお金を使うことを目標とした一時的なコストになる。

火曜日、再生可能エネルギー関連企業の株価は、計画の詳細が明らかになったことで急上昇し、最近の上昇に加えた。米国最大のパネルメーカーであるFirst Solar Inc.は9%以上上昇し、米国最大の住宅用屋上ソーラーシステムの設置業者であるSunrun Inc.は14%も上昇し、過去最高を記録した。

カウエン&カンパニーのアナリストによると、バイデン氏の大統領就任はタービンメーカーのVestas Wind Systems A/SとブレードメーカーのTPI Composites Inc.を含む風力発電会社に利益をもたらすという。Enphase Energy Inc.やSolarEdge Technologies Inc.を含む機器サプライヤーは、太陽電池開発者からの需要の増加を期待することができる。

計画はまた、上院少数派リーダーチャック ・ シューマーの提案を受け入れ、国の自動車隊を急速に次世代自動車に置き換えていくために、納税者はガソリン車からプラグインEV車、ハイブリッドまたは水素燃料電池車にアップグレードする際に使える現金バウチャーで後押しする考えも含まれる。このイニシアチブにはまた、農村部のコミュニティを含む充電インフラの構築に向けて数百億ドルの投資も含まれる。

再生可能エネルギーへの投資家は、化石燃料に軸足を置くトランプ政権からの持続的な転換により、風力発電や太陽光発電の企業が恩恵を受けるだろうと楽観視するべきだと、クレディサイツの公益事業・電力アナリストが語る。

11月にバイデン氏が勝利する可能性について「クリーンエネルギーにとって大きなプラスになると予想している」とアナリストが言う。

ほとんどの再生可能エネルギー企業は、クリーンエネルギーを促進するための民主党の努力から利益を得る立場にあるが、それが販売ブームにつながるまでにはまだ長い道のりになりそうだ。実際に利益が出る前に議会を通過しなければならない。


参考記事[ブルームバーグ]:https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-07-14/biden-to-call-for-2-trillion-in-clean-energy-spending?sref=aozr47ZQ

https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-07-14/biden-clean-energy-plan-would-accelerate-state-efforts-on-carbon?sref=aozr47ZQ

ThinkESGメールマガジン

無料メルマガ登録

※2週間おきに最新のThinkESGブログ・ニュースや意見をお届けいたします。

-ESGニュース

Copyright© ThinkESG , 2021 All Rights Reserved.